僕のコレクションは海外からこの手に届く

僕の好きな車とバイクにまつわる 面白い話し感動した話し 伝えたい話し 人 商品 洋書などを紹介します。よろしくお願いします。

コリンマクレー 伝説のドリフト走行

コリン マクレー

 

 

1995年 世界ラリー選手権にて チャンピオンに輝いた

男といえば コリン マクレーです。

そして忘れてはいけないのが ドリフトではないでしょうか。

彼のドリフトには 彼なりのドリフトスタイルが

定番である。

 

 

 

 

 

彼の人生を 僕なりに 少し紹介したい。

記憶を残した男 コリンマクレー

 

1968年 8月 イギリスで誕生する

(父 ジミーマクレー   弟 アリースター マクレーもラリードライバーである)

 

14歳で スコットランド の モータークロス トライアル選手権で少年の部で優勝

(コリンも オートバイの世界で栄光を勝ちとっていた

のですね)

その後は 車の方に興味がある コリンは 4輪の世界

へといきます。

 

無名時期のコリンは 家業の配管業の見習いで 

生計をたてていたが

 

コリンマクレーは 1987年の ラリー参戦から頭角を

次々と表していくのですね。

 

プロドライブとの契約で スバル ラリーチーム

ヨーロッパのドライバーになる

 

1993年 ニュージーランドにて WRC初優勝

 

1995年 史上最年少ドライバーズ王者

     スバルチーム所属

 

1996 97年 スバルのタイトル3連覇に貢献をする

       

その後 フォードに移籍

 

WRCでは 史上最年少 27歳で 王者になる

 

 

 

 

 

 

 

ここまで すごく すごく 簡潔に書いてしまいましたが、

スバルトともに 栄光の道へと 駆け上がった男は 

突然の 別れがきてしまうのです。

 

  

「マクラッシュ(壊し屋マクレー)」と称された男が

この世を去る

 

   自家用ヘリ墜落事故

 

 

2007年 9月 15日

自家用ヘリの墜落で 39歳という若さで この世を去る

搭乗者4名死亡してしまう、とても悲しいニュースが

流れたのは

つい最近に思う

 

 

 

 

 

 

 

 

コリンマクレーの1周期追悼には スバル車が 

約1100台が集結した。

 

スバルは マクレーの輝きで スバル黄金期を世に

輝かしい栄光をおさめたに

ちがいない。

 

 

 

 

 

 

彼の栄光から 時が流れ

2020年 10月 コリンマクレーの甥っ子

 

マックス マクレーが ラリーデビューをはたすのです。

 

コレンマクレーの栄光が 次の世代に引き継がれていく

彼の栄光は マックスの今後の活躍とともに

 

伝説が 消えずに 栄光を語る機会があるのだと思います。

 

甥っ子さんの 活躍を期待したい。